連休を使う上野公園デートをご紹介します!

上野公園を楽しもう!
撮影スポットもたくさんあり!
投稿者:だいち(男性/21歳/東京都)

1.上野動物園といえば、パンダ!

上野には様々なデートスポットがある。
代表的なのはアメ横と上野公園である。
まず上野公園から述べていきたい。
上野公園には、上野動物園や国立科学博物館、国立西洋美術館といった施設がある。
上野動物園といえば、パンダが有名である。
先日パンダが産まれたこともあって、パンダ関連のイベントが豊富である。
例えば、パンダのカチューシャを付けてパンダのぬいぐるみを抱っこし、写真を無料で撮ってもらうことができる。
カップルでいけば、まるで子供ができたかのような感覚になり、幸せなひと時を味わえるだろう。
同じ場所では、パンダの銅像もあるのでそこで写真を撮るのも観光客やカップルに人気の行事だ。
上野公園には、ゾウやキリンを初めてとして多くの人気動物がいるので、順々に回るのがオススメだ。
しかし、カップルに関しては触れあい広場をオススメする。
ここでは、ウサギやハムスター、アヒルといった小動物を触ることができる。
可愛い動物達と触れあうことでいい雰囲気になるだろう。
また、動物園内にはモノレールもある。
約1分30秒という短い時間ではあるが、格安で乗れるし是非乗ってみるのをオススメする。
ここの動物園には、ペンギンもいる。
動物園にペンギン?と思うかもしれないが、可愛らしい姿は私たちを癒してくれるし、女性に人気ということもあって場違い感を全く感じさせずに楽しませてくれる。
このように上野動物園の中でも特にオススメなのは上記のパンダ・ウサギ・ペンギンといった可愛らしい動物達だ。
これらの動物が一堂に会するのは珍しいし、特にパンダは上野動物園の目玉といってもいい。
動物園は朝の9時半からやっているので、上野に来たらまず動物園に行って可愛らしい動物達に癒されてみるのいかがだろうか。

2.「恐竜プレート」?国立科学博物館内のレストランへ!

おすすめランチは
国立科学博物館内のレストラン!
上野公園を朝から見て回ったとしたら、回りきったころにはお昼頃になるだろう。
上野駅周辺には沢山のおいしいレストランがあるのでそこで食べるのもいいが、折角公園内にいるのなら上野公園の中で食べるといいだろう。
上野動物園の中にも勿論あるが、ファーストフードを中心としたものが多い。
私がオススメするのは国立科学博物館内のレストランである。
動物園の次は科学館に行くという人も多いだろうし、折角なら科学館内で食べるのも一興だろう。
ここのレストランは非常に面白い。
というのは基本的にメニューが科学館内のものとリンクしている。
どういうことかというと、例えばハンバーグの形が恐竜の足の形をしている「恐竜プレート」といったものだ。
これがパンダであったり火山であったりと様々なバリエーションがあり実に飽きない。
しかも値段がどれもリーズナブルである。
この手の観光施設の内部のレストランというのは値段がやや割高になるのがセオリーだ。
それは付加価値といったものが存在するからであるが、国立科学博物館のレストランは上述のように面白い趣向を凝らしているのだけではなく、レストラン内から博物館内をのぞけるようになっている。
具体的には恐竜の化石が天井に何頭もつるされているのを一望できるようになっている。
このような付加価値があるのに値段もリーズナブルなのだから、いかない理由はないだろう。
お昼をここで食べ、休憩もしたなら昼からは本格的に科学博物館を見て回るべきだ。
ここは地球館と日本館の二つにわかれているが、どちらも非常にボリュームがある。
正直両方を一日で見て回るのはかなりのペースじゃないときつし、動物園に行った後ならほぼ不可能といっていい。
日本館は、主に日本の誕生から現代までの発展の様子を展示しており、古来の縄文時代の遺跡の数々やその時の人間の様子・文化などが展示さている。
模型だけなく文字による補足も膨大であり、読んでいるだけで日本史に詳しくなるだろう。
日本史を学んでいたというカップルにはオススメである。
世界館は国立科学博物館の目玉ともいうべき恐竜の化石が大量に展示されている。
ティラノサウルスやトリケラトプスといった有名どころから、マイナーなものやマンモスの亜種といったものまで展示されており歯ごたえがある。
また恐竜だけでなく動物のはく製というべきものが大量に展示されており、さながらプチ動物園といった感じである。
ゆえに日本館と世界館のどちらを行くか迷ったならば、世界館をオススメしたい。
もちろん動物だけでなく地球の誕生から現在に至るまでの発展の様子が展示されており、古代の化石はもちろんのこと、パソコン内部の電子部品といったものまで展示されている。
古代関連のものが目立つが、科学博物館と題するだけあって科学系も多い。
地下三階にはノーベル科学賞等をとってきた偉人の列伝が載せられているほか、様々な実験を楽しむことができる。
宇宙の様子を望遠鏡で覗いたり、どの金属が重いのかを体験することもできたり、カップルでいって楽しめること間違いなしだ。
また、元素表が展示されているので、高校時代の思い出話にもつながっていき、カップルの仲をより深めるだろう。
理系カップルに最もオススメできるが、文系であっても十分に楽しめるスポットだといえる。
国立西洋美術館に関しては、世界中の有名な絵画を楽しめることができる。
美術を学んでいた人にとっては興味深いだろうし、そうでなくてもカップル同士で感想を言いあうのは楽しいものだ。
有名なものでいくとモネやピカソなどがある。
また時期によって様々な催しものがあり、過去にはモナリザが展示されたこともあるので非常に楽しめるだろう。
上野公園の魅力を伝えてきたが、公園にいかない場合はアメ横が鉄板といえる。

3.様々な商店街が見どころあり!アメ横に行こう!

アメ横を歩こう!
商店街でお買いもの!
アメ横は、テレビでもしばしば取り上げられるので有名だが、様々な商店街がある。
やはりカップルで買い物をするというのは楽しいし、服を選びあうなんていうのも風物詩といえるだろう。
アメ横の魅力の一つとして食べ歩きがあると思われる。
オイシイ食べ物を食べながらカップルで手を繋いで商店街を歩くというのはTheリア充という感じで楽しめるだろう。
またゲームセンターに行って、クレーンゲームに盛り上がるというのも楽しい。
運よく可愛らしいぬいぐるみを手にしてプレゼントをする、というのも趣があるといえるし、太鼓の達人で二人で盛り上がるというのもいい。
他にもスポーツ系のゲームで汗を流すのも健康的だし幸せな人生の1コマという感じがする。
デートスポットとしての上野の魅力を伝えてきたが、百聞は一見に如かずという。
やはり実際に訪れることでより魅力を充分に味わえるだろう。
上野は山手線が通っているし、上野御徒町なども近くにあるためアクセスは良好だといえるだろう。
また、上野東京ラインが通っているので、都内だけでなく埼玉や神奈川といった場所からも簡単に来ることができる。
上野公園とアメ横が鉄板とはいえ、どちらもかなりのボリュームがあるので一日に二つも回るのは難しい。
特に上野公園は一つの敷地に様々な施設があるので、公園内を回るだけでも一日では厳しいかもしれない。
また、上野公園では様々なイベンドがあり、縁日であるとか大道芸であるとか様々な事が行われる。
ゆえに時間があっという間に過ぎてしまうのだ。
そういう意味では土日や連休をつかって泊まりで回るというのも計画的だし、プチ旅行という感じがして面白い。
一日目は上野動物園で可愛い動物に癒され、博物館で科学を学ぶ。
二日目にはアメ横で買い物をしつつ、お土産なども買うというのはまさに理想のデートプランではなかろうか。