徳島県のオススメデートスポットは祖谷のかずら橋!

カップルにもってこい
徳島県祖谷のかずら橋!
投稿者:shi-ko(女性/28歳/徳島県)

1.国指定重要有形民俗文化財なんです

私の住んでいるところ徳島県のオススメデートスポットは祖谷のかずら橋です。国指定重要有形民俗文化財に指定されているそうです。
所在地は三好市西祖谷山村で徳島市内からだと高速道路を使っても二時間以上かかる場所にあるので県民でも行くには結構遠いなぁと感じます。道路は整備されていますが山道を延々走った先にあるので車の運転に慣れていない方だと行くのにはすこし大変な思いをするかもしれません。しかし行ってみる価値は十分にあります。
美しい光景と澄んだ空気に透き通った川と、心を癒すのには最高のロケーションなんですから。そしてカップルにはもってこいな吊り橋効果が本物の吊り橋で体験することができますからね。テーマパークやショッピング、映画鑑賞なんていう定番化したデートじゃもう飽きちゃったといった方々に是非オススメしたいです。
観光地となっているのでかずら橋周辺には駐車場もしっかりあります。無料ではありませんが、大型バス34台、乗用車293台停めることのできる市営駐車場が普通車だと510円バイクは210円で利用することができます。この駐車場には公衆トイレも設置されているので便利です。公衆トイレとはいっても観光地となっている場所なので清掃されていて使うのには抵抗ありません。
駐車場のすぐ横には大きなお土産屋さんもありますのでそこで買い物することもできます。ちょっとした屋台なんかもあり小腹を満たすことができます。
お土産屋さんにご当地サイダーが売っていてこれが美味しいので飲んでみて欲しいです。祖谷そばもお土産にいいんじゃないでしょうか。こちらも美味しいですよ。
もうこの駐車場についた時点で市街地とは違ってとても空気がひんやりしていて綺麗で清々しい気持ちになれます。気温が平地より低いので涼しく感じます。

2.駐車場から5分で到着!

駐車場からすこし歩いたところにかずら橋があります。5分程度でつくかと思いますが途中にかずら橋とは別の橋があり、そこからかずら橋を眺めることもできます。
かずら橋までのちょっとした道のりが昔話に出てくるような階段とかがあって日常とは違う空間にワクワクしてしまいます。
かずら橋に到着すると注意書きの看板があり、橋を渡るのに必要な料金を払う料金所があります。大人は550円、小学生は350円です。団体割引なんかもあって20人以上でしたら大人500円、小学生は320円で渡れるみたいですよ。かずら橋は一方通行です。2回目渡りたいときはもう一度料金を払うシステムみたいですね。
料金を払ったらかずら橋をわたるのですがこれが予想以上に怖い。昔は深山渓谷地帯の唯一の交通施設だったようです。3年毎に架替えが行われているみたいなので橋自体は安全なんですけど、橋の足場の板と板の間に結構な間隔があいているので足が落ちちゃうんじゃないかという感覚になってしまうのです。実際足が落ちちゃうことはないと思いますが長さ45mの橋を渡るのにとっても緊張感があります。幅は2mあるのでトロトロ歩いていると後ろの人に追い越されちゃったりして。人が歩く度にギシギシと揺れるのでこれがまた怖いんですよね。恐る恐る一歩ずつ踏み出していく感じ。水面上14mの高さ。そんなにめちゃくちゃな高さではないんですけど下を見るのは少し勇気がいります。しかし、見下ろすと見えてくるのは透き通った川。天気がいいと川に太陽の光がキラキラ光ってすごく綺麗なんです。怖がりながらもこの光景を楽しむのが吊り橋の醍醐味。

3.ご当地グルメもあり、滝もあり

ご当地グルメもあり!
川魚の塩焼きに祖谷そばも!
もちろん写真をとることも可能なので渡っているところを彼氏(彼女)にとってもらったり。ここでスマホやカメラを落とさないように要注意です。橋につかまっていないとバランスが悪くてフラフラしてしまうかと思いますのでスマホやカメラには長いストラップをつけておいて首から下げると落としてしまう心配もなくていいかもしれませんね。
どうですか。この吊り橋効果は。付き合って間もないカップルならここではじめて手を繋ぐチャンスが訪れることでしょう。怖がる彼女を支えてあげながら渡ったりしてはいかがですか。なかなか吊り橋を渡ることはないと思うのでかなりテンションが上がります。渡りきった後には達成感と安心感でとびきりの笑顔になれること間違いなしです。
かずら橋を渡った先にはいくつか売店があります。そこでは川魚の塩焼きがあったり、祖谷そばがあったり、でこまわしという豆腐こんにゃくの味噌やきが串にささったご当地グルメもあるんですよ。景色もよくて気持ちいい場所で食べる焼き魚は普段とひと味違って最高です。
かずら橋の近くには滝もあるんです。その名も琵琶の滝高さ50mの滝は、昔に平家落人が京の都をしのんでこの滝で琵琶をかなでてつれづれを慰めあっていたことから名付けられたと言い伝えられているそうです。
この滝もすごくきれいでカメラをかまえて記念撮影する方々がたくさんいました。滝から流れてたまった水を触るとすごく冷たくて気持ちいいです。
そして、かずら橋から見下ろした先にあった川へも歩いて降りていくことができます。ここの川も透き通っていて冷たくて気持ちいいので、暑くなった時期にタオル持参で足をつけて涼しむのもオススメです。
岩に座ってまわりを眺めているだけでも癒されます。何にもせずにぼーっと鳥のさえずりや川の流れる音、虫のなく声など聞いているだけで心が洗われる感覚になっていいですよ。喧嘩していても自然と優しい気持ちになって仲直りできるかも。
かずら橋を渡るのはそんなに時間はかかりませんが、その周辺でうろうろ楽しんでいるだけで結構な時間を過ごせるかもしれません。かずら橋を渡ってから周辺をお散歩デートしてみるのも楽しいでしょうね。

4.絶景あり!上級者向けの秘境!

物足りないアナタ!
小便小僧の秘境はいかが?
かずら橋を十分に堪能したけれど、まだ帰るには物足りないという方は小便小僧を見にいくのはどうでしょう。
かずら橋から南西にすすむとあるのですが断崖絶壁に祖谷街道の開設工事で残った岩が突き出ており、この岩の上でかつて子供たちや旅人が度胸だめしをしたという逸話のもとに作られた 小便小僧が立っているのです。
ここへいくまでは険しい山道を渡っていくことになるので上級者向けかもしれません。道幅も狭いので自信のある方向けです。
かずら橋からの光景も秘境感漂っていますがこちらもかなりのものになっています。本当に吸い込まれそうな断崖絶壁。まわりはとにかく山。遥か下を流れる川。ご利益があるかは知りませんがなぜか小便小僧がたっている岩には小銭が置かれています。
パワースポットだとは聞いたことがないですが、景色だけみると確かに何かパワーをもらえそうでついつい小銭を置いていきたくなるのは分かる気もします。
こちらは山道の途中にあって駐車場はないので車がいないときじゃないと停車はできません。その辺は気をつけてください。
綺麗な景色と雄大な自然に癒されて1日楽しんだら二人の仲もきっと深まっていることでしょう。
田舎ならではの自然を楽しむデートの仕方は新鮮でいい経験になると思いますよ。興味があればいってみて欲しいです。予想以上に楽しめますから。私はかずら橋だけなら三回行ったことがありますが、三回とも橋を渡るのにドキドキして川ではしゃいで田楽を食べて。すごく楽しんで帰りました。田舎に慣れている県民でもこれだけ楽しめる場所なので普段街遊びしかしていない方たちには異空間へきたような気分にさせてくれますよ。