墨田区界隈と江東区のデートスポットをご紹介します!

墨田区界隈と江東区!

猿江恩賜公園の癒し!
投稿者:はな(女性/62歳/都営新宿線住吉駅界隈)

1.スカイツリーで一躍有名になった墨田区界隈と江東区

昭和の中にある商店街!
東京の下町風景を歩こう!
そのスカイツリーからほど近いJR錦糸町は千葉と東京を結ぶ駅として昔から活況がありましたがスカイツリーがお目見えしてからはさらに活気を増してきています。
駅周辺には大型ショッピングモールを始めコンサートホール、公園デートスポットには事欠きません。
素敵なレストランやカフェそしてパブなどたくさんあります。
どこに入ろかと二人で迷ってしまって喧嘩にならないといいのですが。
錦糸町駅の隣は両国駅で、お相撲で有名な国技館があります。
そのために錦糸町界隈には相撲部屋が点在しておりちゃんこ鍋を出してくれるお店がたくさんあります。
冬ならば二人で鍋をつついて温まるなんていいですね。
ぶらぶら歩いていると髷を結ったきもを着ているお相撲さんに出くわすなんてこともたまにあります。
一緒に写真を撮るのも楽しくちょっと頼んでみましょう。
とっても良い記念になります。
人気のお土産「人形焼」の本店があるのもここでわざわざ遠くから買いに来る人がいるほどです。
タヌキをかたどった人形焼は可愛く餡もたっぷり入ってとても美味しいです。
落語でも知られている本所七不思議の怪談、綺談の怖いお話「置いてけぼり」はここが発祥の地です。
置いてけぼりの意味は置き去りです。
深川は「日本のヴェニス」と呼ばれているくらい堀が多いところです。
そんな堀では昔河童がでたなんて話もあり河童の碑も立っています。
その河童像が錦糸堀公園で見ることができます。
是非河童を見て帰ってください。
駅前には小説「野菊の墓」の作者で知られている伊藤左千夫牧舎兼住居跡が見られます。
なんと昔ここで牛を飼っていた牧舎あったとは驚きです。
そして大きな「魚虎」の看板が目に入ります。
昔ながらのお魚屋さんで二階では美味しいお寿司が食べられる評判のお店です。
駅前の錦糸町駅から新宿線住吉駅方面に歩いて行くと駅周辺の喧騒が嘘だったかのように静かな住宅街になります。
下町情緒が今も残されている家々を見ながら10分も歩いて行くと住吉銀座の商店街に出ます。
昔ながらのお団子やおまんじゅうを売っている小さなお店に入ると中は昭和のレトロな雰囲気でいっぱいです。
ラーメンを注文すれば出てくるはこれまた懐かしい中華そば
もうおじいさんになってしまった店主が中で一人で作っています。
昔は大きな声で注文を取っていたおばあさんは背も丸まりカウンターでうたた寝しながら客を迎えます。
こんなしなびたお店も今は珍しく二人でお昼を食べてははいかがでしょう。
食後のデザートのみたらし団子の柔らかさは二人の心をほっこりさせてくれること請け合います。
おじいさんは台所の隅でゆったりタバコを吹かせています。
訪れる客の少なくなったゆったりした昼の時間が流れます。
住吉銀座のお店を冷やかしながら歩いていると色々な匂いがしてきます。
手作りのお豆腐やさんからは大豆の香ばしい香りが流れてきます。
中を覗けばおじさんが長靴を履いてお店の掃除に余念がありません。
お肉屋さんからはもうもうの煙の中フライを揚げるいい香り。
おばさんの白い上っ張りと三角巾が懐かしいです。
ちょっとソースをかけてもらったコロッケは熱々で頬張りながら歩けば遠くにスカイツリーが頭を出しています。
新鮮な野菜で溢れた軒先では店員の張り上げる声が商店街に響きわたります。
その声に誘われたかのように三々五々昼の買い物に出てきた買い物かごを下げたお母さんたちの姿が見えます。
パン屋は焼き上がる時間に合わせた行列ができていて見ればそこは食パンのみを売るパン屋です。
振り子時計が壁にたくさんかかった時計屋はゆっくりと振り子を振って時を刻みます。
床屋の前には青と白と赤の同じみのぐるぐる回るサインポールが目を引きます。
ガラス扉をのけば顔じゅうを泡でいっぱいにした客が顔に剃刀を当ててもらっている姿が見えます。
すべてがすっぽり昭和の中にある商店街の中で時間が止まったような錯覚に陥りながら二人は自然にしっかり手をつないで商店街を飽きることなく歩きます。
どこを歩いていてもスカイツリーが見えて住吉の町を見守っていてくれるようです。

2.猿江恩賜公園で二人の静かな時間を!

墨田区界隈と江東区!

猿江恩賜公園の癒し!
スカイツリーを背に歩いていけば昔は木蔵だったところが公園に出ます。
猿江恩賜公園です。
園内にあった江東公会堂だったホールは今ではモダンな姿に変えています。
広い公園には野球場があり野球を楽しむ子供たちの歓声が響き渡ります。
その野球場の周りをぐるりと木々が生い茂りさながら森林に迷いこんだような緑の深さで、ここが都会?と思わせるほどです。

こんもりとした小山に登れば遠く電車に揺られてハイキングに来た気分になれます。
高い木の緑が日陰を作ってくれています。
緑の香りも気持ち良く都会の喧騒はここにはありません。
お弁当を持ってきたいところです。
木蔵の面影を残した「ミニ木蔵の睡蓮」の池では季節になれば睡蓮の花が咲きほこりそれは見事です。
当時の木蔵の木を使っているそうです。
江戸時代から続いていた徳川幕府による材木蔵だったことを記す猿江材木蔵跡碑がひっそりと立っています。
池のほとりに座れば親子が釣りを楽しむのが見られ、乳母車を引いたお母さんが散歩しています。
長閑な深い緑に包まれた公園で二人だけの静かな時間が持てるのは二人にとってかけがえのない時間です。
おしゃべりをしなくても二人で座っているだけで満たされる時間が静かに流れます。
この公園は都営新宿線住吉駅から程近く錦糸町駅からだと少し歩くので直接住吉駅に降りるのが便利です。
半蔵門線も乗り入れたのでとても便利な駅になりました。
バスに乗れば東西線東陽町駅にもすぐ出られます。

3.仙台堀の跡地ではバードウオッチング!

バードウォッチングも!?
仙台堀の跡地!!
住吉駅からさらに歩くと仙台堀川に出ます。
やはり材木置き場だった仙台堀の跡地で今ではそこの中州は「野鳥の森」になっています。
どんな鳥が見られるのでしょうか?バードウオッチングが楽しめます。
こうしてどこを歩いていてもここではスカイツリーが後をついてきます。
やはりスカイツリーに登りたくなってきませんか?こうして身近にスカイツリーを見ていると近くに行きたくなります。
そうしたらデートの締め括りにスカイツリーに登ってみましょう。
住吉駅からはたったの2駅のところにあります。
ちょうど夜の帳が下りてネオンが美しい時間でその日歩いた錦糸町駅界隈や住吉の住宅街、老夫婦の小さなお店がある住吉商店街、そして森のようだった公園が小さな明かりになって上から見下ろせます。
下町をめぐるデートの締めくくりは高みからその日歩いたところを二人でたぐります。
今日のデートの出発は錦糸町駅でしたが浅草から出発しても楽しいかもしれません。
浅草浅草寺をお参りして水上バスに乗って船上からスカイツリーの雄姿を見て下町の町を川の上から眺めるのもまた違った風情があって楽しいと思います。
水上バスに乗れば浜離宮やお台場海浜公園、パレットタウン、東京ビックサイトとデートスポットに事欠きません。
どこへ行こうか?乗ってから二人の気分次第で決めるのも楽しいですね。
今日は下町のデートスポットを紹介しました。
下町は広いです。
まだまだ紹介できなかった素敵な場所があります、下町は二人でのんびりゆっくり歩いて見ると歴史的な楽しい発見や「今」でない気分味わえるところだと思います。
そうい意味で下町はデートスポットの宝庫のような気がしてきましたが、いかがでしょうか?

参考資料
※1:あああ
※※2:あああ
※※※3:あああ