鹿児島名山町レトロフトチトセでデート!!

想像を超える面白さ!
レトロでオシャレなスポット!
投稿者:あっきー(女性/33歳/鹿児島県鹿児島市)

1.鹿児島で穴場なのが名山町というエリア!

鹿児島で一番の繁華街といえば天文館というイメージですが、残念ながらそれはもう昔の話になってしまいました。
ここ数年の間に郊外に大きなショッピングモールが次々に建てられ、天文館とのライバルともいえる鹿児島中央駅周辺も新たな商業施設が建設され、更に開発は進んでいくとのことで天文館はますます活気と賑やかさを失っていっています。
ですが新しいスポットを訪れると毎日大勢の人でごったがえし、新しいものばかりが売られていて正直うんざりしてしまいます。せっかくのデートならもっとゆっくり廻れてわくわくするようなところがいいですよね。そこでおすすめしたいのがずばり名山町というエリアです。

天文館からは歩いて数分で行ける場所ですので交通の便もいいですし、街に近いにもかかわらず人ごみもなくのびのびと過ごせます。名山町に入ったらまず目につくのがレトロフトチトセというビルです。外観もレトロでありながらどこかこじゃれた雰囲気なのですが店内に入ったらびっくり、想像以上に面白いです。

このビルは昭和40年代に建てられたもので、わりと古い建物なのですが新たにリノベーションをして一階部分には色々なショップが入り、二階はギャラリーと菓子店、三階から五階は自分たちでリノベーションができる賃貸物件となっていて一日中いても飽きない総合ビルとなっています。

一階に入っているショップも実に興味深いお店ばかりです。古書を扱っているリゼットという名の書店を中心に食堂やカフェ、着物屋、そしてデザイン事務所が入っています。古書リゼットにはたくさんの迷路のような本棚があり、絵本や小説、専門書に珍しい洋書など所狭しと並んでいます。訪れる人々は掘り出しものを探したり、気になった本があれば立ち読みをしたりと皆、思い思いの時間を楽しんでいます。特に静かにしなければいけないということもないのでカップルでわいわい懐かしい絵本を読んでみたり、ふたりの思い出となるような一冊をみつけてみるのもいいでしょう。店内をぐるりと廻ると角のほうに小さなデザイン事務所を発見することができます。pekepekeというユニットでちょっぴり不思議でかわいい世界感にすぐに虜になってしまいます。アーティストが在籍していたら作品を眺めたり、アーティストと会話も楽しむこともできます。

オシャレで本気な飲食店
3軒から選んで!!
そうこうしているうちにお腹がすいてくると思うのですが心配はいりません。飲食店はなんと三店舗もあります。
野菜をたっぷりとりたいならば有機野菜を使ったオーガニック料理の農園食堂森の家族がおすすめです。ランチは野菜たっぷりの前菜とメインにお肉かお魚が選べますのでとってもボリュームがあり健康的にお腹いっぱいになります。

軽食ならハナノキファームラボ。パンを使ったメニューが中心で見た目もおしゃれです。

そしてカフェタイムを楽しみたいならキッサコ・ミツタ。ここではマスターこだわりのコーヒーをじっくり味わうことができます。なんとこのビルには一階からそのまま見下ろせる何とも不思議な構造の地下もあり、キッサコ・ミツタの焙煎室とギャラリーを見ることができます。時々占いもしているので二人の運命を見てもらってはいかがでしょうか。

二階にあがるとレトロフトミュゼオというギャラリーがあります。ここでは展示会や音楽会といった様々なイベントが開催されたりと若手のアーティストの発表の場として注目されています。若手といっても皆個性が強くレベルが高い作品ばかりでここは日本じゃないんじゃないかと錯覚さえしてしまいます。アーティストは期間中宿泊ができるスペースもあります。まさにこれからというアーティストにぴったりのギャラリーです。更にここに住んでアーティスト活動をしたいという人は三階から五階で暮らすこともできます。自由にリノベーションができるのでアーティストにとってまさに夢のような空間なのです。実はアートには思いのほか力を入れている鹿児島。鹿児島の新しいアートがここから発信されているといっても過言ではありません。

2.恋人たちの聖地?みなと大通り公園でまったり過ごして!

みなと大通り公園でまったり
芝生でくつろいで!
とっても濃い体験をしたあとは少し歩いて鹿児島市役所前に広がるみなと大通り公園でゆったりくつろぐのがいいでしょう。青々とした芝生がどこまでも広がっている気持ちのいい公園です。わりと静かな公園でたまに犬の散歩や小さなお子さんを連れたお母さんが何組かいるくらいでとても落ち着いた雰囲気です。

近くにコーヒーショップがあるのでテイクアウトをして二人でまったりとした時間を過ごすことができます。
ここからは鹿児島のシンボルでもある桜島を望むことができます。時折噴火する様子も見られるので県外の方にとっては興奮する場所だと思います。

冬になるとイルミネーションが飾られとてもロマンチックな空間になります。特にクリスマスシーズンはたくさんのカップルを見かけます。

あるドラマでロケに使われたこともあり、藤木直人さんと広末涼子さんが訪れたことでも有名です。もしかしたら隠れた恋人たちの聖地なのかもしれません。
コーヒータイムを楽しんだらまた新たなアートの場へ。

みなと大通り公園沿いにかごしま情報文化センターという建物があります。建物はたくさんのツタに覆われていて何ともフォトジェニックな雰囲気に心を奪われる方も少なくないのではないでしょうか。こちらは美術や音楽、地域伝統芸能の3つのジャンルに重点を置いて活動している施設です。
質の高いアート、音楽活動の拡大や提供、本物の伝統芸能の発展を目指しています。ちょっと敷居が高く感じますが思い切って足を踏み入れて非現実的な世界を体験してみるのもいいかもしれません。

3.名山商店街は昭和初期を思わせるような不思議な空間

そして、先ほどまでのアートな世界とはがらっと変わるとっておきの場所は名山商店街です。意識して探さないといつの間にか見逃してしまいがちですが、昔ながらの建物が多く、昭和初期を思わせるような不思議な空間でタイムスリップ気分が味わえます。

それもそのはずこの商店街ができたのは昭和20年代。それがそのままの形で残っているので昔の映画にでてきたような路地裏風景にちょっと感動する人もいると思います。奥に入れば入るほど迷いそうなところもどきどきわくわくしてきます。もちろん飲食店もちゃんとやっていますので映画の主人公気分でふらっと入ってみるのもいいかもしれません。最近流行のインスタグラムに写真を投稿してみるのもおすすめです。

名山商店街を散策したらちょっと早めの夕ご飯へ。おすすめは旅と食堂kikiという話題のお店です。外観がまたレトロでおしゃれで入らずにはいられません。こちらも古い建物を自分たちでリノーベーションしたそうでここを通る人たちは思わずひきつけられてしまいます。そしてパンを焼く香りが食欲をますますそそります。スープもいい味出しています。お店の方はもともとパン職人だった男性と上海で長年経験をつんできた女性のお二人。お二人ともかっこよくてかわいいので若いカップルにとって理想の二人になるかもしれませんね。
名山町はこの数年の間にリノベーションによって個性的なお店がかなり増えてきています。それぞれに特徴があり、店主の方々のこだわりが感じられます。おしゃれと手作り感によってとても温かい雰囲気のお店ばかりで気持ちもほっこりするのでデートには本当におすすめなエリアです。何度訪れても飽きることがないので自分たちのお気に入りのお店をみつけるのも楽しいと思います。二人で感じる濃い時間は刺激的でずっと心に残るでしょう。